FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が知ってる1番エロな主婦
2年前知り合った30歳の主婦がいた。

メル友になって次の日彼女から夕方メールが来た。

「お仕事ご苦労様。何してるの?」

「仕事帰りでコンビニで買い物してたよ。」

「そうなんだ。今夜は旦那さんがいなくて暇なの。。。」

「子供居ないからすることないよな。近かったら遊びに行けるけどね。ちなみにどこに住んでるの?」

「****の近くなんです。クリスタルさんはどこ?」

「****に住んでるの!俺、今すぐ近くだけど。俺もそこから20分ぐらいの所に住んでるねんけど。。」

「えーそうなんですか。じゃー今夜遊んでくださいよー。」

「良いけど、何時待ち合わせが良いの?」

「今からシャワーして準備するから9時頃が良いなー。大丈夫?」

「大丈夫!じゃ、車で時間つぶして待ってるわ。」

「でもエッチしないよ。良いの?」

「ええ、良いですよ。今夜ワールドカップ予選見たいんだけどなー・・・ホンとは。」

「じゃ、何もしないってことでホテルで良いですよ。」


こんな感じで約束通り彼女のマンションの近くまで行き、電話でマンションまで迎えに行った。

でも、この人初めて会うのに自宅知られて怖くないのかなって逆に俺が怖かった。

マンション下から到着の電話してすぐ彼女が現れた。
彼女は小柄で色白で可愛い主婦だった。
普通に真面目そうな主婦で、清楚な感じの方だった。

初めましての挨拶を交わした後、彼女を車に乗せ走り出した。

関西人ではないような独特のポワーっとしたゆっくりなしゃべり方だったけど、性格的には神経質そうな人だった。

「サッカー見るからホテルへ行って良いですか?」

「はい、良いですよ。何もしないんですよね。」

って、ことで5分程でラブホにチェックイン。


ベッドに2人寝転がってサッカーを見てたけど、ムズムズしてきて彼女にキスした。

「サッカー見るだけなんでしょー!」って怒りながら抱きついてきてた。

「サッカーよりこっちが良いわ。」って彼女を押し倒し、服を脱がせていく。

「ィヤーン、サッカー見るだけって言ってたやん・・・」って言いながら抵抗の力はユルユル。

彼女を裸にして体中をむさぼった。

彼女のアソコに舌を這わせた時はもうピカピカ光るぐらい淫液が溢れてきてた。

「こんなに濡れてるやん。したかったんや、ホンマは。」って言うと、

「頭はダメダメって嫌がってるんだけど、体が反応してチン*欲しがって我慢できないの・・・」って言った。

そして彼女を前後から責め立て、我慢できなくなったのでグッと暴れん棒を差し込んだ。

大きな声で叫ぶ彼女は、口では「いややん、何もせーへんって言ってたのに・・」って言いながら、自分で腰を振り何度も深く刺さり込むように腰を押し付けてきた。

「入れてる時にクリちゃん触っちゃダメー・・!」ってわめきながら体中をのけぞらせ、自分で腰を突いてきて自分でクリを刺激し始めた。

「体が反応してしまうー・・・・」って何度も叫びながら、俺は我慢しきれず彼女の中へたっぷりと白いヨーグルトを吐き出した。

ダラーっと垂れて出て来るヨーグルトを指で掬い取りながら、「うわーこんなにいっぱいでたんだー。」って穏やかになってた。

その後またもう1回したけど、今度はもっと乱れてしまい、最後は体中がガクガクになるぐらいまでしてしまった。

2人でベッドでぐったりしてる時、彼女は俺の耳元で囁いた。

「サッカー見るだけって言ってたやん」って。

ホテルをチェックアウトしたのが朝4時頃。

しかしその主婦のエロさは2回目会った時の方がパワーアップしてたのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・続きはいずれ記事にするね。


テーマ:ラブホテル - ジャンル:恋愛

鬱な彼女
以前、鬱病にかかってる彼女と付き合ってた時がある。

デートの前は病院へ寄ってからスタートする毎日だったけど、俺は彼女が好きだった。

2人で居る時は優しくて穏やかで甘えん坊な子だけど、1人の時は不眠、拒食、リスカ、フラッシュバック、悪夢に悩まされていた。

過去、親から受けた虐待もあったらしいけど、1番の理由は元彼からの暴力、嫉妬で毎日監視されてたのが原因らしい。

彼女は東京から大阪へきて1人で住んでた。

俺は彼女にいろんなことを教えてもらった。

俺の知らない世界の話を。。。

夜中何度もメールが来て自分の苦痛を訴えてきたりしてたけど、俺はよく相手してあげてた。
いろんな心の問題もそこから教えてもらった。

25歳で顔も上品で綺麗な子なのに、見た目に関係なく人っていろいろナ悩みがあるんだなと思った。

彼女はエッチについては貪欲で感じやすかった。
俺も彼女とのエッチにはかなり意欲的で1番3回、4回なんてのも何度かあった。

感じやすい彼女はもうヘロヘロになってて、シャワールームへも床を這いつくばっていかなきゃならないぐらい敏感になっていた。

そんな彼女ともある時、もうこれ以上彼女の悩みを聞いて上げれないなって思うときが来て付き合うのを止めた。

俺の個人的な悩みと彼女の悩み両方を理解し解決しようとするには、俺に心の余裕がなくなってしまってたのだ。

今ではそのことを後悔するけど、俺にすごく良い教訓を与えてくれた女性だったのだ。

テーマ:デート - ジャンル:恋愛

出会い方の変遷
俺が女性と出会う機会と言うモノはここ10年で変わってしまった。

最初5年は仕事の取引先との接待で飲みに行ってた新地やミナミの飲み屋でバイトする女の子ばかりだったけど、ある時から出会い系で知り合った女性と付き合うことがほとんどになってしまった。

ラウンジやキャバクラでバイトしてる子は、最初にお客さんとしてのお付き合いがあり、いろんな話や食事などを通じてお互い惹かれて行くので、普通の恋愛に近い流れがあって、付き合う期間も正式に付き合うことは1年以上になる場合がほとんどだった。
〔エッチ目的で女の子に近づいてもホンとの彼氏彼女にはほぼなれない〕

出会い系になると突然付き合い期間が1年未満になり、1,2回デートしてそれで終わりってことも珍しくない。出会い系はエッチが前提の付き合いが多いので、経験上エッチさえしたらそれで良いと言う男女が多い気がする。

俺は女性と一緒に居る時間を楽しみたいので、気心の合う女性とのデートが好きだ。だから最初いろんな話から始めて、好きになって付き合いだすと言うのが安心だし、楽しいのだ。
俺のように既婚者の場合、飲みに行けばお金が掛かるので出会い系に走る既婚者が多いと思う。出会い系の目的が既婚者には1番入り易いから。。。

でも長い付き合いをしてきた俺にすれば出会い系ってどうも苦手で相手を信用しにくい。
気軽にアッサリと割り切って付き合えればそれで良いと最初から言われると、すごく浅はかな付き合いしかできないむなしさを感じてしまう。

俺はドロドロしたおもっ苦しい付き合いがしたいわけではないけど、どんな出会い方であっても信頼関係とある程度の恋愛熱と言うモノはほしい。

俺がメールで知り合う女性はそう言う軽いノリの人が多いのでそう思い込んでしまってるのかもしれないけど、やはり出会いは大切にしたいし、いろんな貴重な経験をしたいので、そんな出会いが来るまでは日々さ迷うことになるんだろう。。。

テーマ:新しい出会いを探して! - ジャンル:恋愛



プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。