FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニスカの女の子
以前、メール友で20歳のフリーターの女の子と知り合った。
メールの感じはドライな子で、甘えん坊な感じじゃなくメールの数も少ないし甘い言葉もない子だった。

ある時、暇だからお茶しましょうってことでとある駅で待ち合わせすることになった。

約束通りの時間に待ち合わせ場所へ車で行き、彼女が来るのを待っていた。
シャメを交換してるわけでもなくどんな子なのかさっぱり解らないけど、駅前は人も少なく来ればすぐに判るだろうと思って待った。

約束の時間丁度に「今そっちへ向かって歩いてます。あと2,3分で行きます。」とメールがあった。

俺は車種と色を教え、「見かけたら手を振ってね。」って返事していったいどんな子が来るのか、楽しみ半分不安半分で待った。

しばらくするとチェックのマイクロミニ着た超可愛い子が歩いてきた。
あんな子だったら嬉しいけど、20歳って言ってたしどう見てもこの子17,18歳ぐらいにしか見えないから違うんだろうなって思ってたら、車の横で窓を覗き込み手を振った。

一瞬、「ウワーこれはラッキー!」って思い彼女を車に乗せ遅いランチに行った。

彼女は高校生の時の話しや友人の話しをした後、エロ話しに変っていった。俺は女性の前で最初からエロ話しはしないので、彼女がそう言う話題で話し始めたのだ。
高校の時はいろんな男と遊んでてとっかえひっかえ男を変えたとか、1度妊娠した時の話とか、アレの大きさの話などしだした。

「こんな幼い顔した子がここまで言うと怖いな・・・」と思いながら、あまり話題には突っ込みを入れず適当に聞く形で愛想してた。
俺は相手のことがわからない内からあからさまにエロ話するの苦手なので黙って聞いてた。

ランチも終わりそろそろお店を出ようと彼女に告げると、「ネー、ホテル行きましょう。」って言われた。
「ハイ!!行こう!!」って言いたかった気持ちを抑え、「ン。。良いよ。俺で良ければ・・」って答えた。
彼女は「オッケーですよ。もっと話しもしたいしまったりしたいから。」って嬉しいことを言ってくれた。

彼女を車に乗せラブホにチェックイン。
彼女は背が155センチぐらいで華奢な女の子。傍目から見ると高校生を連れたオヤジに見えるかもしれない。・・・と言うかそうとしか見えない。

彼女の体は色白で胸も幼い感じで微乳だった。乳首は薄いピンクで小さくて柔らかかった。
2人でお風呂に入ろうと彼女の服を脱がせ2人裸になった時彼女は俺の大きくなったアレをギュッと掴んでた。
「今まで見た中で1,2番の大きさやわ・・」って。

ベッドでは彼女の華奢な体を舐めまくり柔らかくてツヤツヤの肌を味わった。
特に彼女のアソコはまだ発展途上中のような感じでこじんまりと綺麗な形をしていた。
内心、「経験が多い割りに胸やアソコは崩れてないな・・」なんて思いながら、舌と指で責めまくった。

5分ほどで穴に入れた指が湿気を帯びてきて、内膜がヌルヌルとしてきた。
舌でクリを吸ったり、転がしたりしてるとすぐヌルヌルがビチョビチョに変ってきた。
中指で内膜をグリグリ擦りつけ彼女の反応を見て楽しんだ。

手の平に淫液がまとわり着くまで刺激し、その後俺の暴れん棒を舐めてもらった。
お口のテクは慣れてるみたいで舌と手を使いながら喉の奥まで飲み込んだり舌先で弄ぶようにいろんな刺激を与えてくれた。

部屋の天井のミラーに可愛い子がひたすらエッチな動きをしてるのを見てると我慢できなくなり、彼女を押し倒しヌルヌルになった暴れん棒を突き刺した。

ニュルっと侵入した俺の暴れん棒は最初から動きが激しく、何度も何度も彼女の下っ腹をえぐるように奥まで突き込んだ。
華奢な子に自分の暴れん棒が何度も出し入れしピチャピチャと音を立ててるのを聞くと、野獣がウサギを襲ってるかの感じで妙にエロエロしかった。

体位をいろいろと変え最後はたまらず彼女のお腹に熱い精液をぶちまけた。彼女の下半身はブルブル震えてたけど、俺は激しい動きに汗だくでフラフラになってた。

それからベッドで2時間ぐらい裸のままいろんな話をしてノンビリし、2回目は彼女は「今度は口でしてあげる。」と言って俺の柔らか棒を咥え瞬く間に大きくしてくれた。
先ほどよりずっと上手いテクニックで、「いかにも口で出してあげます。」って感じの動きを披露してくれた。

15分ぐらいで彼女のお口に無事発射。
最後の残り汁の吸い取り方も上手くてあっという間に俺の精液は吸い尽くされてしまった。

約4時間のホテルタイムだったけど、いかんせん見た目が可愛い子なので今度また会おうってことでその日は送って帰り、そのご3度同じ様な嬉しいエッチをさせてもらった。

彼女とはどこかへデートで出掛けるとか言うことはなく、ホテルでご飯食べてエッチするだけのデートだったけど、それが彼女は気に入っていた。
話によると、以前お金持ちの彼氏と1ヶ月ラブホ暮らしをしたこともあって、毎日部屋を変えてほとんどラブホで生活してたこともあったらしい。彼氏が仕事の時は彼女1人でラブホでテレビ観たりゲームしたりしてるらしかった。
でも、正直こう言うこは普通の男には相手できない。
遊び相手だったら良いけど、彼女には出来ない子だ。
あまりに若いうちから特殊な経験しすぎで、この子の将来って行く末見えてるなって思ってしまったもの。
大事に愛せる子ではなく、適当に遊んで捨てられるか捨てるかの子だと思った。でも、顔やスタイル、服装など男殺しの雰囲気があってなかなか面白い子だったけどね。

テーマ:年の差恋愛 - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/89-171532af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。