FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデル兼キャバっ子
今から4年前、本業はモデルの仕事してて、バイトでキャバクラっ子してる子と知り合った。

身長168センチでスタイル良し(当然だけど・・)でバストが90もあって、セーター越しに垣間見るそのボリュームにドキドキしてた。

まっ、モデルと言っても流行の服着るモデルでなくて、どっちかと言えばカジュアルなノンブランドのファッション系のモデルだったから大したことはなかったけどね。

年は23歳で超頑張り屋さん。寝る時間も毎日3時間程度なのに2毛作で仕事してた。
顔は若かりし頃の高樹沙耶似で、ポン酒の好きな女の子だった。

この子とは正式に付き合ってたわけでなく・・・当時彼女が別に居たから・・・遊び友達だった。(エッチなしのね。)

俺がこのブログで書く1番好きな子、2番目に好きな子についで実はこの子が3番目に大好きだったのだ。

何が良かったかと言うと、まずファッションのスタイルが目を惹くほどカッコ良かったのだ。
ブランドで言えばドルガバが似合いそうな子で流行に関係なく何着ても似合う子だった。

彼女と初めて会った時に、「あっ、この子良い!!」って直感で感じた。
それからメールや電話で良く話すようになり、彼女も気に入ってくれたようだった。
キャバの店長と意見が違って悩んでた時はいつも俺を呼び出して一緒にカラオケに行った。
延々4時間俺だけが歌を歌い続けるだけだったけどそれで彼女は機嫌を直して、良く眠れるらしかった。

彼女は俺の愚痴や文句にも飄々としてて聞き流してくれ、俺にとっては良い気分転換にもなった。
俺の周りの友人は俺と彼女が付き合ってるものと信じるぐらい仲が良くて、お店でも俺は彼女の彼氏だと思ってる女の子もいた。

彼女と知り合って1年過ぎた頃、彼女はバイトですごく落ち込んでて俺をカラオケに誘ってきた。

「ネー、クリスタルちゃん、歌歌ってよ。。」って。

「なんか元気ないなー・・ご飯食べに連れて行ったるから機嫌直してバイト行きや。」ってことで彼女とお好み焼き屋でお酒飲んで同伴でお店に行った。

「私が誘ってて悩みを聞いてもらってお店に来てもらうのすごく嫌やわ。クリスタルさんには営業するつもりないのに。。」ってすごく気を遣ってて1時間彼女のお店で飲んでた。

すると彼女は、「もう1時間座ったから今日は帰ろう。一緒に帰るわ。すぐに服着替えて来るから待っててね。」って言って、2人でお店を退散した。
「店長!今日はもう帰るしね。」って言い残して彼女と俺はミナミの街に紛れ込んで行った。

彼女とカラオケで歌い(その時は初めて1曲だけ彼女も歌った。)まくり、ワインやポン酒をガブガブ飲んで2人で酔っ払いになってた。

延々6時間カラオケではしゃいで疲れた頃、俺は酔っ払った頭の中で彼女と2人で居ることにビビっときて、突然彼女にキスをした。
彼女は全然嫌がることもなく、「あーあクリスタルさんとキスしちゃった。。」って笑ってた。
俺は彼女を向かい合わせで膝の上に座らせ、彼女のブラウスのボタンを外し彼女の胸を露にして乳首にキスをした。
彼女は黙っていたけど俺の首に腕を回して抱きついていた。

でも、そんな時間は5分ほどで終わり疲れた2人は少し眠り込んでしまった。
朝方5時ごろ彼女と俺は何事もなかったかのように心斎橋商店街を歩いて彼女の自転車が置いてある所まで行った。
俺はその時彼女に、「美和、俺はお前が好きやから抱きたい。」って何度も言おうとした。
でも彼女は淡々と歩いててやっぱ彼女との関係はここまでが限界なのかなと切なく感じてた。

自転車置き場に着き、「酔っ払ってるけど大丈夫か?タクで送って行ったろか?」とか聞いてもっと甘えてくれないかと期待してたけど、
「ううん、大丈夫。クリスタルさんも気を付けて帰ってね。」ってとっとと自転車で走り出した。
「うん、わかった。じゃ、気をつけてな。」ってことでジ・エンド。

2日後お店で会った時、「カラオケでどんなことあったか覚えてるかー?」って聞いたら、「なーんにも覚えてないよ。」だって。
「そっかー・・俺は美和とキスしたと思うけど。。」って聞いたら、「エー。。全然覚えてないわ。。。」って寂しいことを言った。
たぶん顔の表情からは覚えてたと思うけど恥ずかしいかバツが悪いかで逃げてると思って何も言い返さなかった。

俺はこの日以後彼女と会うことが激減した。
彼女は何度も最近会ってくれないと愚痴言って来たけど、次彼女に会うと間違いなくホテルに誘うことになると思ってワザと避けてしまった。
彼女が俺とのエッチをオッケーするかどうかは解らないけどね。

俺は当時付き合ってた彼女とも上手く行ってたので、ここは黙って引き下がって居ようと思った。
だって付き合ってた彼女が人生2番目に好きな子だったしね。

俺としては2番目と3番目が同じ時に現れてるのでどっちかしか選べない贅沢なモテ時期だったのだ。

テーマ:叶わぬ想い - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/16 15:51】 | # [ 編集]


現在はシングルプレーヤー(プレーができない)でございます。
【2005/12/16 18:49】 URL | クリスタルN #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/61-ff1b3505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。