FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックスに飢えた秘書
syufu


その彼女は少し小柄で肉付きの良い女性だった。

秘書をしていたけれども、日頃の欲求不満が溜まって俺に肌の触れ合いを何度も求めてきた。

ベッドの上では俺の成すがままにされ、恥ずかしがりながらも自らの淫靡なアノ部分を濡らしていた。

俺がちょっと指で触っただけでも、体を揺するぐらい敏感なクリを持っていた。

32歳にしてセックスの目覚めたわけではないだろうが、俺が彼女の快感する部分を責めると、意識が朦朧として俺の言いなりになってしまうと言っていた。

ベッドで大きくのたうつ彼女の裸体は、セックスに飢えたメス犬のようにも見えた。
「さあ、股を思いっきり広げて俺のモノを自分の指で挿入してごらん。」って言うと、馬乗りになった彼女は指で俺のアレをつまんで淫液にまみれた自らのアソコにズブっと挿し込んだ。

俺のアレが1番奥まで達すると彼女は、大きな喘ぎ声をあげながら自ら腰を振り出した。
「気持ちイイ」と何度も叫びながら俺に体を擦り付けてくる。

今度は俺が彼女を上になり、両足を抱えて奥まで何度も突き上げた。
奥に届くたびに出るメスのうめきが一層俺の性欲を駆り立てた。

ベトベトになった下半身同士を何度も摺り合わせ、俺も彼女も快感の頂点に至るまで無心で体を貪り合った。

俺はいざ溜まった精液を放出しようとした時、彼女の聞いた。
「さぁ、どこにほしい? このまま中に出してほしいか? それともお口に垂れ流して飲み干したいか? どうしてほしい?」って。

彼女は、「お口に注いでください。飲ませてください。」と快感に耐え切れず顔をしかめながら応えた。

「じゃ今から注ぐから口を開けて舌をだしてたっぷり味わいな。」って言うと同時に俺は生で挿入していたアレを引き抜き彼女の大きく開けた口に、「ピュッ・・・トロトロー」と暖かい精液を流し込んだ。

彼女は口の周りに飛び散ったモノを指で掬い取りながら出したものを全て口に含んだ。
ゴクンと言う音と共に全てを飲み干し、満足したかのようにベッドで目を閉じて動かなくなった。

5分ほどして目を覚ました彼女は、自分が何をどうしたか頭の中で整理がつかないぐらい意識が飛んでて俺に言った。
「もう一回して」ってね。

テーマ:セックスの仕方 - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/4-7af8eafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。