FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人それぞれ舞台裏があるよね。
bara


女性とのいろんな交遊録や遊んでた事書いたら、そう言うのに否定的な女性がたまにコメントを入れてくる。
そう言う方に限って匿名であったり自分の考えをまず披露してくることはない。

ブログに書いた事のみを取り上げそこをつついて来るのである。

俺はいろんな立場の男女、既婚者の男性であれ、主婦であれ、不倫カップルであれ、W不倫であれ、それなりの理由があって異性を求めた経緯があると思ってる。
家庭に不満があるとか、相手にされないとか、男や女に見られないとか、彼氏や彼女が構ってくれないとかいろいろ男女の仲なので問題はあると思う。

そんな男女がいろいろ悩み、導かれた状態が個々にあるのだからそこに文句を言っても余計なお世話な気がする。
真面目に彼氏や彼女一筋って考えてるならそれはそれで自分でそう言う恋愛を貫いたらいいじゃない。

ブログで世間的に言う不道徳な関係に居る人であっても、家庭を大事にしてる人も多いし、良いパパやママしてる人も多いものだ。・・・良くない人もいるけどね。。。

その人のいろんな生活環境や考え方、性格などによって悩みや寂しさって誰にでもあるもの。それをどう解消するかはいろんな経験や気力、そして第三者に頼ることもあるでしょう。

そう言う意味での舞台裏は気休めの出来る良いスペースなんじゃないかと思う。表舞台では真面目な社会人やOL、主婦をしていても、やっぱり何かと気休めの場は必要だ。
気休めの場が家庭であり、旦那であり、奥さんであればそれはそれで良い事だし、それ以外に気休めの場を求めることもやっぱあるもんだ。

どんな関係であっても恋愛は堂々としていたい。社会的に堂々と出来ない時もあるだろうけど、それは自分の置かれた環境に順応してケースバイケースで秘密にしておけば良い。

恋愛は苦悩を伴うけど、楽しさを上回ってはいけない。
苦悩を楽しさで相殺して有り余っていなければ恋愛をする意味がない。

どんな環境にあっても、また事情があっても、メリハリと楽しむ気持ちを忘れてはならないのだ。


テーマ:私の主張 - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント


TO.クリスタルNさん^^

その通りwwって思って恋愛してるもので...(^_^;)

そうだ!そうやん!!そうそう!!!って(笑)
rinoのblogにも、色んな意見を頂いて...
でも、恋しちゃったんですよ
家庭はうまくいってるし、、
妻も母も頑張ってる、、
でも、、彼が現れた!
、、なんですよ、、、(*^^)v

ときめきに胸キュン
最近綺麗だよって言われると
恋して特したなぁ~って思ってますww
【2005/11/19 18:57】 URL | rino #Yn5yubKE [ 編集]


rinoさんへ。

なにかすごく良い出会いに恵まれたんですね。
そう言う出会いで毎日が楽しくなり、明るくなれるって良い事ですね。
うらやましいですわ。
【2005/11/19 22:43】 URL | クリスタルN #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/27-4ba5448b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。