FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺でやっちゃいました
5月のちょっと蒸し暑い頃になると思い出す、海辺で立ちバックのお話。
2年ほど前、仕事で姫路へ出かけた折にとあるサイトで知り合った26歳の会社辞めたての女性と会った。
朝の内に仕事を済ませお昼に待ち合わせ、ランチを食べてさてこれからどうするかとなった。
俺的にはあまり好みのタイプでなかったのでそのままお別れして帰ってもよかったけど、彼女からちょっとドライブに連れて行ってくださいということになり、俺の知ってる海岸まで30分ほどドライブした。

ちょうど河口に掛かる橋の所に階段があってそこから瀬戸内海を眺めていた。
暖かい海風と心地良い波の音を聞きながら手すりにもたれて気分爽快だった。

・・・と、ここまではいたってのどかな話だけどその後がいけなかった・・・

彼女の薄着のブラウスにちょっと反応してしまい、彼女を抱き寄せキスをした。
彼女は抵抗もなく身を任せてきた。
胸を掴み肉付きを確かめた後、ブラウスの裾から手をしのばせ直接胸を
揉んだ。
「あっ・・」彼女は抵抗することもなく俺がブラウスのボタンを外しても文句言わなかった。
ちょうど人影から見えない位置なので大胆に行動してしまった。
手すりに彼女をもたれさせ露にした胸を口に含んだ。
ちょっと汗ばみ、ちょっと恥ずかしがる彼女だったけど嫌がることもなく触られて感じてた。

パンチーに手をいれあの部分をいじると、既にしずくが滴り落ちるほどの洪水状態で、パンチーもボトボトになっていた。

「こんなに濡れてるけど・・・」って囁くと、
「気持ち良いんです。こんな所だと余計に・・・」って言うもんだからお口で俺のアソコを綺麗に舐めてもらってからパンチーまで脱がせて四つんばいにし、後ろから入れた。
ヌルヌルのあそこには何の抵抗もなくスルッと入って行き、出し入れする度にお汁が溢れてきて、2人の結合部分は大湿地帯になってしまった。
誰かに見られるかも・・そんな心配をよそに俺のアレは固いままで結局堪らず彼女のお尻の穴をふさぐ様ににドピュっと出してしまった。
彼女は腰をぐらつかせながらボーッとしてたので、俺はティッシュで彼女のアソコとお尻周りを拭いてあげた。

「ほら、こんなにボトボト」って濡れたティッシュを見せると恥ずかしがり、掴んで捨ててしまった。
「じゃ今からホテルでシャワー浴びでゆっくりエッチしようか?」って聞くと、
「うん、そうしましょう。」ってことで2人ホテルへ急いだ。

テーマ:ちょこっとエッチ - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/146-ad4e5e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。