FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足底フェチ?
sokutei


俺はなぜか彼女にマッサージして上げることが大好きで、特に足底マッサージは彼女にもウケていた。

付き合ってた彼女は冷え性が多く、手を握ると暖かい季節でも冷たくなってたので手を良くマッサージして上げたことから足底もついでにってことで彼女のマッサージャーって感じになってたのだ。

車で彼女を家の近くまで送って行き、別れるまでの間彼女はブーツを脱ぎ、ストッキングを脱いで俺の膝上にデーンと足を上げてくるのが日課だった。

「寒いからマッサージして」って最初は言ってたけど、慣れてくると黙って足だけ上げてくるようになった。
俺はそう言う雰囲気が好きで、「じゃもませてもらいます・・」って言って彼女の足をギュッと掴んでマッサージをスタートさせてた。

最初は優しく、そして途中からツボをグイグイ押して彼女をヒーヒー言わせるのが好きだったのかもしれない。

「ここ押したら痛いやろ・・」

「イテテテー・・痛ーい。。」

「痛いの我慢しないと効き目ないよ」って彼女が痛がるのを見るのが面白かった。眉間にしわ寄せの体をくねらせ痛がる彼女だったけど、その痛みが心地良いのか必死で我慢して、最後には「あー気持ち良かったー」って満足そうにしていた。

約40-50分もみ続けた俺は逆に疲れてしまい眠気が襲ってくるのだった。

「お疲れー今日も気持ち良かったー。ほら足がホカホカしてるでしょ。」って言われ彼女の足を擦ってるといつの間にか俺の手は彼女のパンチーに及び、指が中へ潜り込んでしまうのだった。

「いやん、今度は他のとこ気持ち良くして!」ってことになって、車の中でいかがわしい行為が始まるのだった。
彼女のアソコは最初から滑っていて、トロトロの淫液が直ぐに溢れてくるのだった。

「じゃ、今度はここを気持ち良くするからパンチー脱いで!」
その時すでに彼女は俺の言いなりで自分から股を開いて俺の舌が進入してくるのを待つのだった。

テーマ:試してみる?? - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sandycafe2.blog34.fc2.com/tb.php/135-75b5d0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。