FC2ブログ
男の裏側を見せましょう。
恋多きミドルエイジな男の様々な恋愛記録を思い出し、男の裏側を見せます。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乳好き
hinnyu


女性は胸の大きさを気にする人が多い。
男性の多くは巨乳好きで、大きな胸を揉みたいと思ってる人が多いのは確かだけど、俺はあまり胸の大きさにこだわらない。
一時期巨乳の女性と連続して付き合う機会があって、90-100ぐらいのサイズの女性と付き合った。
でも大きい胸ばかり見てるとつくづく思うのは、「俺はやっぱ小さい胸の方が良いな。。」って思うこと。
大きくて揉みごたえもあってと言うのも良いことは良いけど、小さくて可愛い胸もまた良いものだ。
最近は小さな胸の女性より大きな胸の女性が多くてなかなか俺好みの美(微)乳にお目にかかれない。
体が小さくて華奢だなと思ってた子が裸になればやけに巨乳で、幼い顔と体型に大きな胸はなんともアンバランスな子もいた。
逆に大きそうな感じの子が裸になったらさほど大きくなくて、体自体が太かったって子も多かった。体の線が太くて胸自体が小さい子はあまりバストの形が良かった経験は少ない。
俺が1番好きだった人はエッチの相性も良かったし胸もそれほど大きい子でもなかった。乳首の大きさと色、そして何度かエッチを重ねる内に乳首に微妙に艶が出てきてブラを外しただけでもうツルツルに輝いてた。
2番目に好きだった子も小さくて、彼女は大きさを気にしていたけど俺は一向に気にならなかった。ピンクの小さい目の乳首に膨らみのわずかな胸はそれはそれで色っぽい感じがした。小さい分乳首の立ち具合や硬さがよくわかって可愛かった。
豊胸手術をした女性とも3人ほど交わったことがあるけどみんなシリコンなど入ってることを気にしてた。「豊胸手術してるけどそれでも良ければエッチ良いですよ。」って言われたけど、女性が自分を綺麗に女らしく見せようとする気持ちこそ大事なので俺はそんなことは一切気にしない。小さいからといって豊胸していようがいまいが俺にはそんなこと関係ないのだ。

テーマ:めっちゃ大好き! - ジャンル:恋愛

柔らかそうで実は硬い
俺はここでやたら女の子との出会いのこと書いてるけど実はすごくある意味硬派だと思っている。

まず、遊び人の女の子は相手にしない。
浮気性の子も嫌い。尻軽もだめ。
エッチの経験談や男遍歴をタラタラ話す子にも一切興味なし。
股掛けする子にも興味なし。
つまみ食い好きな女より風俗の子の方がよっぽど素直で可愛いとも思ってる。

逆にわがまま、甘えん坊、嫉妬・束縛する子は嫌な気は全くしない。
一途で依存症が強い子がどっちかと言えば好き。
女性と男性は完全に50:50だと思ってるので女性を尊重しレディファーストの意識が強い。

女性に対して、惚れた男を演じ女性の言いなりになってるフリをしながら実は心の中で女性を冷静に見て彼女の動きを自然にこちら側でコントロールできる男に憧れる。・・・ある意味ホストも同じ様な手法なのだ。

こう言うブログだとなんでもありかと言えばそうでもない。
付き合ってきた子にはモデルや売れない女優やブイシネマの女優にスカウトされてる子もいたので、俺の周りの友人からは女運がすごく良いとも言われている。・・・かと言って俺自身はダンディでも男前でもかっこ良くもなく、どっちかと言えばかっこ悪い。・・・

男と女の縁は変なモノで恋愛に夢描いてるとか酔ってる内は良い恋愛はできないと思ってる。
ある程度客観的にお互いの立場や気持ちを制御できなければいけないと思ってる。
のめり込んでとあばたも笑窪状態より、客観的に相手の気に入らない所を見つけて自分なりに好きな状態に変えていく余裕が好き。
そうしたいけど好きになったら前が見えなくなると言う人もいるけど、それでは自分の負けなだけ。

好きな人と一緒ならラブホでずっと一緒と言うパターンでも良いとは思わない性格で、好きな人とならちょっと思い出に残るスポットに出掛けたり、美味しいモノ食べて喜ばせたり、服買ってあげていつもと違う雰囲気も試してもらったり、ネールやメイクで綺麗に飾るようなデートが好き。
彼女が女性の友人とでは味わえないようなデートをしてあげることが肝心じゃないかと思う。

俺が若い子と付き合うのが多かったのは、若い子からはいろんな情報が得られるからだし、いろんな発見があるからだったかもしれない。
仕事柄、流行ものの情報を知っておかなければいけない事もあってアチコチ買い物に行っては新しいお店のデザイン、商品、マーチャンダイジングなど知ることができた。
服屋で流行色、流行のデザインを知ったり、ネールショップでいろんな商品見せてもらったりもした。
彼女に商品やお店のデザインの評価をしてもらったり、そう言う意味で若い子とデートしてる方が情報量が多かったのだ。

ただこう言うデートの趣向が好きなのは俺ぐらいの年代でしか無理だと思う。
若くても年食いすぎてもこう言う行動はできないと思う。
エッチだっけできたら良いではいけないし、なんでも好きな物買ったるででは単なる財布代わりにしかならない。

よくデート中彼女から言われた。

「私と一緒にいる時でもしょっちゅう仕事の関係のこと無意識の内に話してるよ。」って。

「エッ、そうなん?ゴメン・・・気分悪くしたね。。」

「ううん。なんかその方が楽しそうやし私もいろんな事教えてもらって勉強になるから今のままで良いよ。」って言われた。

こう言う女性ってやっぱ若い子に多い。

テーマ:こんな男ってどうよ - ジャンル:恋愛

男から大事にされる女
たまに女性の方で私のありのままの姿を受け入れてくれる男性が良いと言う人がいる。
過去の男性との遍歴やエッチの志向、失恋経験やデートの経験談やエッチの経験談などを話してしまう人が居る。

男はそれを聴いてその場では何も言わず黙って聞いている。
嫉妬すると嫌われるとか男らしくないと思われるのは嫌で黙ってるのだ。

でも、彼女がホンとに好きならあからさまに嫌な顔をするし、機嫌が悪くなりふて腐れたりする。
男も女も「怒らないし気にしないから正直に言って」って言葉は大嘘でホンとは正直に言われると怒ったり、落胆したり、付き合いを考え直したり、不信になったりするのだ。

好きでもなくエッチだけできれば良いと思ってる女性に過去の事を言われても、「ふーん、そうなん。楽しい恋してきたんやね。」って軽く聞き流す。要は適当にエッチして飽きたらいつでも止めちゃおうと思ってるからさほど気にならないのだ。

男も女も自分が相手にとって1番最高のパートナーである事を望むことが恋愛の1つの要素だと思う。
俺は、または私は2番目で良いのって言う話もよく聴くけど、これは相手にとって単に都合の良い人だけであって、プライドが高い人には到底受け入れられないお話なのだ。

俺はこう言う意味でプライドの高い人は大好き。
「私を好きになるなら私を1番大事に、いつも心の中に想っていて!」ってハッキリ言う人が好きなのである。

正直言って過去3年前~8年前まではこう言う付き合いばかりしてきて拘束されてるようで実はお互いに信頼関係ができてて気が楽なのである。

よく見かけるのは、第三者的に見てどう考えても相手から好かれてもないのに、相手に拠り所を求めてる人。
自分が見えてないと言うか、わずかな可能性に頼って思い続けてる人も多い。
こう言う場合相手は適当に愛想するけど心は空っぽってことがほとんど。都合が良いから暇な時用につなぎとめておく。実際俺にもこう言うパターンがあった。適当にあしらう方もあしらわれる方も両方ね。
結局、大事にされてると過信して実は都合の良いパートナーになってたと言う事を暗に解っていながら細い糸にしがみついていると思う。

男って自分が大事にしたい女性と言うのは、ピュアなる人を求めてしまう。こんな時代だから過去の異性関係は気にしないと言う人もいるけど、多くは気にしてしまう。
ピュアってバージンって言う意味じゃなく、いろんな恋愛の経験やエッチ歴を自分の心の中の思い出だけに留め一切表に出さない感覚のことね。
絶対に自分が彼女にとって最高の男になりたいから、比較される対象の事は聴きたくもないのである。

「そんなこと比較しないよ!」って女性は言うけど、そんなこともないと俺の元彼女が言ってた。
デートでどこかに行った時、現彼と居ながらも前に別の彼とも来て楽しかったなって思うことが、もう比較になってしまうと言ってた。
「元彼をすごく嫌いになった子なら比較はしないけどね。」とも言ってた。

俺がどうしても頭の上がらなかった彼女はこう言うことが徹底されてていた。絶対にもてる女性だったけどこれっぽっちの情報も得られなかった。「だってさー、私の過去のこと聴いてクリスタルさんが喜ぶことって1つもないよ。私はクリスタルさんの1番でありたいから、何にも言わないよ。」って何度か言ってた。ごもっともな意見なのだ。




テーマ:男と女 - ジャンル:恋愛

京都の女性
今日はお正月休みが暇なので、仕事で京都へ調査に行ってきた。

ローカル線を乗り継いで約2時間の旅だった。

チラホラ着物姿の女性も見受けられたが、やはり多かったのはミニスカートにブーツ姿の女の子。・・・と言っても俺の目がそっちにしか向いてなかったのかもしれない。

京都の女性は気が強くてしっかり者と言われている。
関西の中でも京都だけは特殊な文化があって、独特のしきたりや言葉遣いがある。

俺が付き合った女性で1番好きだった子は京都の女性だった。
しっかり者でよく気が付いた。男性に尽くすタイプで甘えん坊だけど冷めやすい部分もあった。

とにかくかゆい所に手が良く届く子で、尽くされてるなってつくづく実感した。
でも、俺が相手しないと機嫌が悪くていつも気に掛けていないといけない子だった。

エッチもあからさまに表に出さないけど、エッチモードになった時は凄かった。
エッチが始まって彼女を5分ほど刺激しただけで、「早く入れて!」って俺の上に乗ってきて自分から挿入してグリグリと腰を動かしていた。

しばらくして疲れてくると俺を上にしてとにかく奥まで突かせた。
「奥まで当ってるぅ・・」って叫ぶのが彼女の癖だった。
夜中一緒にベッドで寝ていても、彼女が欲求不満なら俺の体をまさぐり俺の耳元で、「エッチしよう・・」って誘ってくるのだ。

熟睡していた俺もムラムラしてきてベッドをギシギシ鳴らせながら彼女と合体を繰り返した。
彼女とはいつも生入れでよく中出しもした。
イッた後ドロドロに濡れた花弁から暖かいドロッとした液が溢れ出てきて、それを見るのが楽しかった。
睡眠途中で起こされエッチモードになれたのは彼女以外にいないと思う。それほど彼女とのエッチは相性が良かった。

それ以来、俺は京都の女性が好きになったのだ。

テーマ:今日のヒトリゴト。 - ジャンル:恋愛

恋と仕事の関係
恋するエネルギーと仕事のエネルギーは比例すると思っている。

俺はいくら仕事が忙しくても、どんなに時間が遅くなっても彼女が会いたいと言えば会いに行く。これが俺のポリシー。

仕事に忙しくなかなか時間が取れないとか疲れてるとかそう言う時にこそ会ってホッとできるのが大好きだから。

仕事が暇で時間が余ってる時にはいつでもデートは出来そうだけど、そういう時って仕事が上手く行ってない時が多い。
と言うことは何がしかの不安を抱きながら彼女と会うことになるので困りものだ。

以前、仕事が慌しく朝から夜9時までは全く時間が取れない日が続いた。いろんな契約で打ち合わせや引継ぎ、そして出張があって彼女が気を遣って敢えて誘ってこなかった。

ある時、彼女は俺に「最近仕事忙しそうで良いことだけど、私は会えないから寂しいかも・・・」なんてメールで送ってきた。
俺は「忙しいけどいつでも会うよ。ちょっと遅くなるかも知れへんけど、遅くなるのが都合悪ければ休日前に泊まりで会っても良いよ。」って返事した。
「仕事で忙しいから会えないと言うのは嫌いやねん。俺も会うのが遅くなったり、ベッドですぐに寝てしまうかもしれないから気を遣って誘わなかったけど、それでも良いの?」ってことも聞いてみた。

「そんなこと全然気にしないよ。私に引っ付いて寝てくれてたら安心だし、じゃ、今度の土曜にデートしよ!」ってことになって彼女も安心してた。

彼女とのデートで時間を避けないってそれほど会いたいとも思ってないことだと思う。きっと、男同士で飲み会があれば参加するだろうし、合コンでもしようということなら無理やりでも時間を空けると思う。

忙しくてやっと空けた時間と言うのはすごく自由になった気がして、彼女とのデートもすごく気分いいはずだと思う。
寝る間を惜しんでデートしてた頃が懐かしいけど、仕事に忙しい男は魅力もあって頼もしいと思う。彼女にも優しい言葉や愛情表現も素直にできると思う。

ある時彼女に言われた。

「仕事に頑張ってる時って雰囲気で良く解るよ。それ見てたらそんな中私に会ってくれてるって感じてすごく嬉しい。そんな時って優しくてちょっと甘えん坊で、目が輝いてるよ。そんなあなた見てたら私が何かで癒して上げたいと思うし、私も頑張らなくちゃって元気が出てくる。」

ってね。

そう言ってくれる彼女は愛おしくて仕方なかったね。

テーマ:男と女 - ジャンル:恋愛

恋愛温度
恋愛には2人の温度感が大事だと思ってる。

もし彼女がいくら熱を上げて100度になっていても彼氏が50度では、いつも彼女から彼氏に熱を放出するだけで、いずれ彼女も疲れ温度が下がっていくものなのだと考えてる。

俺は2人共が80度ぐらいで居れたら1番良いと思ってる。
お互い熱を与えたりもらったりして80度前後をキープするのだ。
もし2人が盛り上がったら90度を越えてしまうかもしれないが、これは2人共が同じ様な温度を持ててるから問題はない。

もし彼氏の温度が下がってくれば、彼女の優しさでまた彼氏を大事に癒して上げればまた温度も上がることだろう。
喧嘩して意地の張り合いになっても、自ら優しくして温度調節するのも大事だろう。維持の張り合いや喧嘩の繰り返し、浮気心などで2人の温度差が一定以上広がると、もう温度の交換はできなくなる。
もうどちらかが一方的に熱を放出するだけで、温度差は縮まらずいずれ冷め切ってしまう。温度差を保てる内に何らかのアクションをおこさなければならないのだ。

もし両方が沸点に居るとそれは温度の上げ過ぎだ。
それ以上上がることはなく後は下げる一方だ。
ひょっとしたら蒸発してしまうかもしれないとまで考えてしまう。

2人が適度な温度で上がったり下がったり余裕のある温度帯で恋愛を楽しめば良い。
恋愛は盲目になりがちだけど、冷静さも必要なのだ。
冷静でなければ彼や彼女の言うことなすことが全て正しく見えてしまう。
悪い点や注意すべきことが言えなくなってしまう。
彼氏や彼女に嫌われたくないからと形ばかり気にした恋愛になってしまうのだ。
そう言う恋愛はいずれどちらかの重荷になり、自然体で付き合えない疲労にマイッてしまうものなのだ。

相手に注文や愚痴がある時は、嫌われるから言いたくないと言うのではいずれうっ憤が鬱積してしまう。

盲目的な恋に女性は変に自らを可愛く健気な女と位置づけしてしまう。
それでは彼氏に足元見られてしまうものなのに。
「こいつは俺の言うこと信じて何でも聞くから安心」と思わせては、都合の良い女で終わるだけ。

俺がいつも女性と話してる時に言うのは、「男に追われろ、心配させろ」ってことだ。

彼氏が彼女を心配しいつも気にしてくれてる状況を作っておかなきゃダメなのだ。
会ってる時は彼氏を思い切り癒し、甘え合い、会ってない時は嫉妬させるぐらいがテクニックなのだ。・・・・でも、嫉妬のし過ぎや彼氏を突き放してはだめだけどね・・・

そうすればメールは定期的に来るし、仕事が忙しくても会いに来るってもんだ。
恋愛は好きな人のためにどれぐらい自分の時間が割けるかが2人のバロメーターだと考える俺としては、相手に時間を作らせろってのが肝心だ。当然、相手の時間に合わせて自分も時間を割ける気持ちは必要だけどね。

そうしてお互いの持つ温度を提供したりしてもらったりしながら、一定の心地良い温度で付き合うこと。これなら居心地も良いでしょ。

・・・でもポリシーいくら語っても彼女居ないのになんの説得力もないのにな(汗)・・・・

テーマ:恋愛のポリシー - ジャンル:恋愛

デートと仕事
よく、彼氏は仕事が忙しいから中々会えないのが寂しいと言う女性が多いと感じる。

仕事と彼女どっちが大事かと言われれば、どっちも大事だ。
でもどちらかを選ぶとすれば仕事だろう。

仕事してなきゃお金ももらえないし、出世もしない。
と言うことは彼女にプレゼント買って上げたり、美味いものも食べに連れて行って上げれない。また男としての自身と言うか風格も養えないのである。

ただ、俺的考えでは仕事が忙しいことと、彼女が嘆くほど会ってあげれないという事は関連しない。
ホンとに好きなら、いくら残業で遅くなっても、いくら社内の付き合いがあっても彼女に会いに行けば良いだけの話しなのだ。

彼女が寂しければ一晩一緒にホテルや家で泊まってあげればいいじゃないか。

いくら遅くなっても彼女の家の近くでお茶や食事ぐらいしてあげればいいじゃないか。

男は好きな女性にはそれぐらい自分の身を削ってでも尽くしてあげると言う心構えが必要だと思うんだが。。。。そうなっていない話をよく聞く。

仕事が忙しくてメールも遅れないって話しも聞くが、トイレに入ってるときでも出来るじゃないか。

1日中仕事してるわけじゃないのだから、風呂上りでも、お昼のわずかな休憩時にでもメールぐらいできるじゃないか。

彼氏に惚れてしまってる女性は、彼の仕事の邪魔はできないからと言う理由で我慢してたり、言いたくても言えない人が多い。

でもそれは彼を甘やかすだけで何のためにもならない。

仕事の忙しさを言い訳に、会う時間がないとかメールがないと言うのはあまり好かれていないと言うことなのだ。

これは逆の立場の男にも言えることで、そう言う立場に居る方は盲目的状況に居るので、相手のことを好意的に解釈しようとする。
それに味を占められたら結局は都合良い人になってしまうだけなのだ。

テーマ:デート - ジャンル:恋愛



プロフィール

クリスタルN

Author:クリスタルN
大阪で生まれ育って45年。
恋愛は心のつながりと思っていたけど、最近はめっきり体のつながりに思えてきて仕方がなくなってきた自分自身に危機感を覚えてる。
ちょっとロマン派でスケベなブログですが気分が悪くならない程度に読んで見て下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

明日天気になーれ


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

Mail message

メールによるご要望、問い合わせはこちらへ。

crystalNへメッセージ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。